ヒイロのぱるぷんてだいありー

趣味の車・アニメ・伝えたいなと思ったことを書いていきます!

ながら運転の厳罰化で車に必須なもの2つ

Sponsored Link

ながら運転厳罰化
12月1日からながら運転の厳罰化でスマホやナビを2秒以上見てると逮捕ということになりました。
そこで、逮捕されないためにも車に取り付けたい必要だと思うもの2つの紹介をします!


ながら運転 厳罰になってどう変わる?

まず言っておかないといけないのは、警察の判断によって走行中に使用してるとこを見られると逮捕されること

スマホ、ナビの2秒以上の注視と書かれていますが警察の人の判断によっては逮捕されることがあります。


厳罰化によって変更されたのは、違反点数と罰金が重くなりました。

使用してると違反点数3点
6ヵ月以下の懲役、または10万円以下の罰金


使用していて、交通の危険があった場合は違反点数6点
1年以下の懲役、または30万円以下の罰金


ここで大変なのが交通の危険があった場合!
違反点数が6点なので一発免停(30日)です

更に、違反点数がもし貯まってる方がいれば免停の期間は増えます。


こうならないためにも車に2つのものを取り付けましょう!

車に必須なもの2つ

俺が必須だと思うもの2つ
それはドライブレコーダーとナビに接続するマイクです

ドライブレコーダーは煽り運転された時や事故の時の過失割合を決めるのにも必要なものですし、まだ取り付けてない方はカー用品店などで相談してみるのがいいと思います。

ドライブレコーダー

ドライブレコーダーは前方と車内を録画するようなもの



それか360度録画できるドライブレコーダーがおススメです


ながら運転のことを考えてこの車内録画・360度のドライブレコーダー2つを検索しました
スマホいじったりしない方で普通に利用するなら前後2カメラのものを購入しましょう


停車してる時に弄るのは「まだ」違反にするって話になってはいませんが
赤信号になってるから減速しながらスマホを触る、信号待ちでスマホ弄りながら気がそれて車が前に進んじゃった…はアウトです。


青信号になってもスマホ弄り続けてクラクション鳴らされてトラブル、なんてことにもなりかねないので気をつけましょう


警察の点数稼ぎにブレーキしっかり踏んでるのに動いてた!なんて無茶苦茶なこと言われてもドライブレコーダーがあればちゃんと停車してることの証明ができるので車に取り付けるのをおススメです

ただ信号待ちで弄ってたら信号がいつ変わるか分からないしすぐ発進できる状態じゃないからダメだ
なんて言われる場合がありますのでその時はもう諦めるか、抗議するかしかありません。


弄るなら赤信号になった直後にスマホの通知を確認するだけにしましょう
ラインなんかの返信がしたい場合はコンビニによったり路肩に停めてからじゃないと面倒です

ナビに接続するマイク

ナビに接続するマイク
ホコリあって汚くてすみません…
通話がかかってくるとブルートゥース接続したナビの画面とスマホに着信画面の表示がされます

スマホホルダーをダッシュボードにつけてるなら触りやすいほうで電話にでてください

移動中に次の現場はここ、と電話がかかってくるのでいちいち路肩に停めたりコンビニに寄ったりして折り返し電話するのが面倒なのでマイクを取り付けてます


まぁ、マイクは声を張り上げて喋るのが嫌なので自分には必要なものとしてます
ブルートゥースでナビとスマホを接続するだけでOKなんですが、ナビ用マイクがないとスマホに声が入るような声で喋らないといけないので取り付けない方は知り合いにどれくらいの声だとハッキリ聴こえるかなどの確認に付き合ってもらうのがいいかなと思います。


スマホのみだと通話にでてスピーカーに切り替え、なんてしてる間に2秒過ぎちゃいそうなのでちょっと不安


あと、ハンズフリーとかいって片耳にイヤホンして通話できるってのが売られていますよね?
あれ警察的には問題ないんですけど都道府県の条例ではアウトっておかしなことになってるので俺はマイクで通話してます

最後に

ドライブレコーダーはながら運転以外でも煽り運転や事故の証拠として必要なものですのでカー用品店へどんなものがあるか見に行ってみてください。

マイクは仕事をしてる方、車で移動が多い方には必要かな?と思ってます